FC2ブログ
ADMIN | ダメ通 | RSS
«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 »
*「ラピタ」付録万年筆 Pt.2 & Pt.3
“唯我独尊”室長TRAMPです。
ミニ檸檬で巷を騒がせた「ラピタ」が、
その続編として計画しているオマケ万年筆の続報です。
第2弾(5月6日発売)の「赤と黒」「黒と赤」は既にお聞き及びかと思いますが、
第3弾は村上龍『限りなく透明に近いブルー』にちなんだ
デモンストレーター(透明軸)らしいです。
つまり、使用インクによってボディ・カラーが変わるんですね。
これはちょっと楽しみかも!

しかしアレですよ、
梶井基次郎 → スタンダールと来て、
次が村上龍ってのはどうなんでしょ?

スポンサーサイト



2006.03.14 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(3) | TB(0) | ↑TOP
*Keep Bottle
さあ、あなたもポチッともう一本!
新しいペンに新しいインクを試してみないかい?

キープボトル


最近、カウンターを占拠しているボトルインク達。
悪魔の囁きが聞こえるかい?
俺の声が聞こえるか? ってパンタだ。

2006.03.14 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(0) | TB(0) | ↑TOP
*そしてダメな大人達のいつもの楽しみが始まる
万年筆といえば、私たちの世代なら高校や中学の入学祝いに貰った人も多いはず。ラヴィアンカフェのカウンターでにわかに起こった「ミニ檸檬」ブームは、やがて万年筆自慢へと発展するのです。
これは、中古カメラ病も似たような発症の仕方ですね。
そして、文藝「かわはぎ」の面々も集う場ですから、そこは、それ、「オリジナルの原稿用紙を作ろう」なんていう話は夏頃からちらほらしてましたので、ここへ来て一気に盛り上がるわけですよ。
部長ことMATTYの機転というか、悪意というか、好意によって、万年筆の試し書き用の便せんが用意されました。
ノート

昨年11月2日のことでした。
なにげに書いた「マイペンで落書きするように!!」と言う言葉が
これほどまでに大げさになるとは誰が予想したことでしょう。

2006.03.14 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(2) | TB(0) | ↑TOP

BlogDesign:*butterfly effect | Material:七ッ森