ADMIN | ダメ通 | RSS
«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 »
*スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- | スポンサー広告 |  |  | ↑TOP
*オマージュ・ア・フレデリック・ショパン 145 ブラック
オマージュ・ア・フレデリック・ショパン

本日は局長の誕生日と言うことで、またまた盛り上がったカウンターであります。局長に届いた万年筆は“オマージュ・ア・フレデリック・ショパン 145 ブラック”
やはり、モンブランは別格といったオーラを放っておりました。
もう何も言うことはありません。
よかったね~。

で、本日“ダメな大人グランプリ”上半期“ダカップ”受賞者が決まりました。結果については、部室ノートに記載されております。
まあ、振り返ってみるにとんでもない混戦状態でしたが、この順位を決めるに当たって“ダメ”さ加減を判定する基準のようなものも名文化する必要があるのではないかと思える程、選定も混迷を極めておりました。
ま、そういうときのために部長がいるのですけれどね。


スポンサーサイト
2006.06.27 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(5) | TB(0) | ↑TOP
*緊急部会招集
鬼編集長の萩原でございます。

騾美庵萬年筆苦楽部の局長が
新たな My Pen を手にされるそうです。

集合は緊急ではありますが、
明日火曜です。
集合場所は部室。
集合時間は随時?
局長が現れるのは8時くらいと思われます。

また、ダメな大人が出来上がってしまった。

局長の万年筆!



2006.06.26 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(2) | TB(0) | ↑TOP
*今夜決行
こんな感じ

プレゼンターを任された室長TRAMPです。
お待たせしました、今夜行ってきます。

ブツに麻紐か何かをクロスにかけて、
結び目に封蝋を・・・というのも考えましたが、
結局無難に封筒へのシーリングで仕上げました。

封蝋の真紅と封筒の純白。


2006.06.24 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(4) | TB(0) | ↑TOP
*椅子も欲しいねえ
アーロンチェア

ハーマン・ミラーのアーロンチェアといえばオフィスチェアの定番ですが、最近ではOKAMURAもジュージアーロデザインのコンテッサなどだしております。コストパフォーマンスを考えると、このバロンあたり、結構いいんじゃないでしょうか。
バロン

しかし、ライカ、モンブランと王道をいく顧問には、アーロンチェアかなぁ。

・・・・でもサーブじゃし!!

2006.06.23 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(2) | TB(0) | ↑TOP
*限定サファリ
部長 Mattyです。

独ラミー社の定番カジュアル万年筆“サファリ”から
2006年限定カラー『ロイヤルブルー』が2000本限定で発売中です。
従来のブルーは濃いめの渋い色ですが、この『ロイヤルブルー』は淡く綺麗な空色で、
ワイヤークリップも従来品のブラックではなくビビッドなレッド。
思わず衝動買いしたくなる可愛さです(笑)
ニブはFとMのみですが、丸善も店頭在庫限りで再入荷はしないとのことなので、気になる人はお早めに!

価格は従来のサファリ同様、¥3,625‐です。

※どなたか画像を引っ張ってきて貼れる方はUPして下さい!めっちゃ可愛いですから。


... more
2006.06.18 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(11) | TB(0) | ↑TOP
*新たな伏兵?
シーリング・ワックス

早速「パイロット・ウルトラ・スーパー」の御礼状を2通、
徹夜で認めた室長TRAMPです。

その御礼状に使ったシーリング・ワックスに、
akizuのもう一人のAさんがかなり興味を示したので、
一通り解説しておきました。
Aさん曰く、
「ラヴィアンではいつも皆さんこんな話をされてるんですか?」と。

手紙はよく書かれているそうですが、万年筆はお使いではない様子。
シーリング・ワックスへの興味から万年筆へ・・・という流れも、
もしかしたら「アリ」なのかも知れませんね。

ペン苦楽部の次の部員候補を発見したような雨の午後。

2006.06.15 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(2) | TB(0) | ↑TOP
*今年最大のポチッ。
900se.jpg

本日夕刻、土砂降りの中、例のブツが届きました。
輪っかの付いたブニなので、あす、陸運局へ行ってきます。
やってもうたぁ…。本当にダメな顧問です。ハイ。

2006.06.15 | 輪っかのついたもの | CM(11) | TB(0) | ↑TOP
*ポチっとな
副部長Benjamingです。
昨日の部活?部会?で承認されました例のブツは、

カトウセイサクショ 万年筆 680 ベッコウ柄

にいたしました。
スチール/ゴールドプレートペン先 ペン先:F
長さ:(使用時) 約145mm (収納時) 約118mm 軸径:約11mmφ
キャップ径:約12mm
ペン軸:セルロイド
カートリッジ式 キャップタイプ
ということで、カートリッジ式が残念なところですが、鼈甲柄の軸がなんといってもイメージにぴったりではないかということで、独断と偏見にて決定させて頂きました。
昨夜から、ずいぶん迷ったわ。
よって、予算よりやや安め。
以上、報告でした。

2006.06.15 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(1) | TB(0) | ↑TOP
*ウルトラスーパー
dtn0606143

さて、本日のメインイベント?今日はてんこ盛りの部室でしたが、かの「ウルトラスーパー」日本語で言うなら「超超」ですな。
室長TRAMPさんのパイロットが修理から戻って参りました。本日は、そのお披露目。
燦然と輝く金張りのキャップに金ペン!!
めっちゃきれいに磨き上げられておりました。そして、調整されたペンの下記心地は、なめらか、腰があるペン先ですが、インクフローが非常によいので、万年筆を語るときに賛辞として使われるあの言葉。なんとなく、あんまり使いたくないんですけど・・・。
「●●●●」で非常になめらかに書けます。
さすが、パイロット!乳組の人たちはええのぉ!
何か修理に出したくなってしまった副部長ことBenjamingでした。


2006.06.14 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(2) | TB(0) | ↑TOP
*新入院患者が…
dtn0606141

新たな部員が、いや患者がと言った方が良いのかもしれません。
shu-chanは、もともとクラカメの持病持ち金属ウイルス濃度も高めですから、当然の成り行きかもしれませんね。
しかし、いきなりの限定ものしかも、次の次ぐらいまでのターゲットは決まっていると言う・・・・。恐ろしい。
ダメな大人CUPは折り返し地点、思いがけない伏兵が現れたり、本命組の強烈なスタートダッシュがあったりしましたが、ここにきて増々熱気を帯びて来ております。dtn0606142

ここ最近の、カウンター。
店頭試筆用にメーカーから販売店に配布された非売品らしい、ペリカンのボトルがいい感じです。その隣には、MINE WHITE用に贈られたエルバン。色は「アンティーク・ブーケ」可憐な色ですが、EFにはちょっと薄かったかなと多少反省。

2006.06.14 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(3) | TB(0) | ↑TOP
*ダメ通カメラ・ピクニック 3(北浜アリー)
副部長が次に何を「ポチッ」とするのか楽しみな、室長TRAMPです。

今回のピクニックの最終訪問スポット、
それが「北浜アリー」と呼ばれるエリア。
海沿いの倉庫を改装したキャフェや雑貨屋さん、
中古家具屋、ギャラリーなどがあるオッサレーな場所です。

その中の一つ、umieというキャフェで一服しました。
テーブル席が7~8(?)、そして海が見渡せるステキなカウンター席。
雑誌・書籍・絵本などが豊富に置かれてました。
古いボトル・インクがズラリと並べられたケースもあり、
「ここは高松のラヴィアン・カフヱか?」とか、
「もしかして、ここにもペン苦楽部が?」といった雰囲気。

2006.06.08 | 珈琲 | CM(5) | TB(0) | ↑TOP
*ダメ通カメラ・ピクニック 2(オカヒサペンショップ)
気になるのは夏なのにスプリング・カメラ、室長TRAMPです。

女木島を堪能した後、高松再上陸。
ペン苦楽部部員としては決して外せない場所が高松にはあるのです。
高松築港駅からコトデンに揺られること数分、
瓦町で下車→徒歩数分の所にある「オカヒサペンショップ」がそれ。
商店街の入口に構えるその店は予想していたよりこじんまりと、
しかし一歩中に入ると「ワケワカラン」状態の在庫の山!
とにかく岡山・丸善では考えられないような陳列の仕方です。

ラベル・デザインのお洒落なボトル・インク(値札無し)を発見し、
「これ、欲しいよね~?」と相談する婦長と室長。
店主と交渉した婦長の目ヂカラで、非売品のレア・インクが格安で!! 
部室カウンターへのお土産となりました。

2006.06.08 | 騾美庵萬年筆苦楽部 | CM(1) | TB(0) | ↑TOP
*ダメ通カメラ・ピクニック 1(女木島)
Viva,30's !! 室長TRAMPです。
ペン苦楽部の顧問・局長・園長・婦長・室長の5名で
6月5日(月)に出掛けた香川県・女木島(別名:鬼ヶ島)は、
高松からフェリーで20分(岡山から75分!!)で行ける別天地。
聞こえるのは打ち寄せる波の音、鳥の鳴く声、そして船の音・・・・
押し寄せる人の波も、信号も、コンビニとも無縁の淡彩の世界。

みんな靴を脱いで裸足になって、
澄んだ海水の冷たさと踏みしめる砂浜の心地よさを感じながら撮影する。

フィルム交換中の局長に向かって、
「局長! ビール!」と岩場の4名が叫ぶ。
・・・右往左往する局長(ベタな展開!)。

それから、それから・・・何だっけ?

2006.06.08 | 苦楽失苦写真機 | CM(1) | TB(0) | ↑TOP
*副部長からのお願い
って、いつもお願いしているかな~?

カメラピクニックのレポート。
どなたかお願いします。


PS.
オルネ ド フォイユというインテリアショップになかなかイイ感じのレタースケールがありました。文房具のところに載っています。
値段もイイ値段・・・おまけにSOLDOUT。


2006.06.07 | 苦楽失苦写真機 | CM(1) | TB(0) | ↑TOP

BlogDesign:*butterfly effect | Material:七ッ森
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。